消費者金融のキャッシングが他と比べて優れている理由

消費者金融のキャッシングが他と比べて優れている理由



初めてキャッシングを利用しようと考えている人は、まず貸金業者と金融機関の双方の違いをきちんと理解しておかなくてはいけません。キャッシングは、貸金の法律に従って提供しなくてはいけないサービスなので、融資に関するルールはすべて貸金業法という法律によって決められています。

例えば、一見銀行が提供しているようなサービスに見えるサービスがあったとしても、キャッシングとしてサービスを実施している以上は、すべて貸金業法の範囲内でサービスを使うことになるわけです。

これは、実際にサービスを利用する際にとても重要になることなので、覚えておいたほうが賢明です。実際に、消費者金融などの貸金業者は独立してサービスを提供しているわけではなく、中には銀行のような金融機関の傘下に入ってサービスを実施している会社もあります。

誤解をしている人も非常に多いですが、金融機関と貸金業者は法律的な立ち位置が全く異なりますので同じように論じることはできません。金融機関というのは、その名前が意味する通り金融に関するサービスを提供している会社であるため、金融に関することなら何でも行うことができます。

例えば、消費者は銀行に対して使わないお金をいつでも預けることができますよね。これは金融商品と呼ばれるサービスの一環として提供されていますので、金融機関として定義されている銀行でしか実施することができません。

一方で、貸金業者というのはその名称の通り消費者に対して貸金というサービス、つまりキャッシングしか実施できません。消費者に対してお金を貸して、その貸したお金に対して設定した利息によって経営を成り立たせている会社なのです。

ですから、消費者金融はたとえ銀行の傘下に入ってサービスを提供していたとしても銀行にはなりえないですし、金融機関を名乗って消費者からお金を預かるような金融商品を提供することはできません。その代わりに、少額融資という小口の融資を中心として消費者にサービスを実施しているので、キャッシングに関しては貸金業者である消費者金融の方が優れているわけです。

キャッシングの申し込みをする時に用意する書類について

銀行のカードローンや消費者金融にキャッシングの申し込みをする時は、何を用意していいのか分からないという人も多い事でしょう。キャッシングをするというのは、お金を借りるという事なのでいろいろと不安になってしまう事も多いはずです。事前に準備をするという事も大切な事なので、何を用意すればいいのかしっかり覚えておきましょう。

キャッシングの申し込みをする時に提出しなければいけない書類は、本人確認書類と収入証明書類になります。本人確認書類は、キャッシングをする人の基本的な情報を確認するためのものです。収入証明書類は、収入の状況を見て返済能力があるかどうかを確認するためのものなので、どちらとも審査の時に参考にされます。

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートが適用されます。基本的には運転免許証を提出する事になりますが、運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートを提出する形になります。

どの書類を提出しても構わないのですが、運転免許証の場合は身分証明だけではなく車の運転をする技能がある人と判断されるので審査に有利になる事があります。そのため審査の事を考えると健康保険証やパスポートより運転免許証を本人確認書類として提出した方がいいでしょう。

収入証明書類は最新2ヶ月分の給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、住民税課税が適用されます。また個人事業主の場合は確定申告書が収入証明書類として適用されます。ほとんどの書類が用意するのに手間がかかるので、少し時間に余裕を持って用意する必要があります。

本人確認書類は、借入希望額に関わらず必ず提出しなければいけませんが、収入証明書類の場合は借入希望額が少なければ提出が不要な事もあります。収入証明書類の提出基準は業者によって異なるので、利用する業者の提出基準をしっかり確認しておく必要があります。

借入希望額が少額で収入証明書類が提出不要になった場合は、本人確認書類だけ提出すれば審査が可決されるとキャッシングを利用する事ができます。

アコムのむじんくんで申し込む時の流れと注意点

大手消費者金融のアコムは、インターネットで申し込みをする事もできるようになっていますが、早くお金を借りたいという人は無人契約機のむじんくんで申し込む事をおすすめします。

むじんくんは、全国各地の駅前や国道沿いに多く設置されているので、どこにいても見かける事は多いと思います。またむじんくんで申し込みをすると、最短1時間でお金を借りる事ができるメリットもあります。では、むじんくんで申し込む時の流れを見ていく事にしましょう。

最初にむじんくんの中に入って申込書に個人情報など、必要項目を記入して本人確認書類とともに機械に読み込ませて提出をします。それでオペレーターと会話をしながら、機械を操作していきその後審査が行われます。審査は勤務先に電話をして在籍しているのか確認します。在籍確認をする時に勤務先に電話をする形になりますが、アコムという社名は名乗らず、個人名を名乗るので勤務先の人にキャッシングを利用するという事は分かりません。そのため在籍確認に関してはあまり心配する必要もありません。

審査をして特に問題となる点がなく、返済能力があると判断されたら可決の連絡が来てその後に利用限度額と金利が伝えられます。利用限度額は収入に見合った金額になる事が多く、金利は上限金利が適用される事がほとんどです。金利は高く設定されているので、借り入れをする時には注意しなければいけません。

契約手続きが終了したら、その場でカードが発行されて融資可能になります。むじんくんの中には契約機の他にATMも併設されているので、カードが発行された後にすぐお金を借りる事が出来ます。そのため、申し込んでから最短1時間で融資を受ける事も可能なのです。

むじんくんの営業時間は8~22時になっていますが、審査連絡時間は9~21時となっています。そのため審査連絡時間外の21時以降に申し込んでしまうと、審査の連絡が翌日以降になってしまい即日融資を受ける事ができないので、注意しましょう。

楽天銀行カードローンはおまとめローンとしても活用可能

キャッシングサービスを利用していて、複数の借入先がある場合には、その返済管理について頭を悩ませてことは決して少なく無いと考えられます。特に消費者金融系のキャッシングの場合は金利が高く設定されていることが多く、毎月の利息分の支払いだけでも大きな負担になると考えられます。

複数の金融機関からの借入金を一元化できるローンをおまとめローンといい、特に消費者金融のキャッシングから銀行のローンに借り換えをすることで、大きな節約効果が期待できるのがこの商品の特性となっています。

一方で、おまとめローンは審査がやや厳しかったり、契約の際には様々な制約があったりして、なかなか利用がしにくいという実情もあります。そんな時に活用したいのが、楽天銀行カードローンであり、この商品は用途自由なフリーローンということでおまとめローンとして活用することも可能となっているのです。

なお楽天銀行カードローンの中身についてですが、融資限度額は最大で800万円までとなっており、実質年率は1.9%から14.5%となっています。 一般的に消費者金融のキャッシングの最大金利は年18.0%となっていることが多いので、もしも年18.0%の条件で契約している場合には、楽天銀行カードローンに借り換えをすることで、高確率で支払利息を下げることができます。

なお、実際に借り入れを行う前に注意すべきこととしては、事前に返済シミュレーションをしっかり行っておくことが挙げられます。 楽天銀行の公式ホームページでは、カードローン契約前に、実際に同カードローンを利用した場合にどのくらいの期間をかけて返済していくのかということや、支払利息は総額でどのくらいになるのかといったことがシミュレーションできるようになっています。

楽天銀行カードローンは低金利のサービスですが、返済期間が長期化する場合、総額の支払利息が膨らむ可能性も否定出来ないので、おまとめローンとして利用する前には確実にシミュレーションをしておくようにしましょう。

↑ PAGE TOP